婚活パーティーを知らない子供たち

人気記事ランキング

ホーム > 法律 > 故人が連帯保証人になっていた場合は?

故人が連帯保証人になっていた場合は?

 

相続人は、相続を承認したら連帯保証人の立場も引き継ぐことになります。したがって債権者から請求があったときは債務を支払わなければなりません。

 

相続人が複数いる場合は、各相続人が法定相続分に応じて分割された額の債務を相続することになり、その額について、他の連帯保証人と連帯して責任を負うことになるという判例があります。

 

しかし、債権者が承諾すれば、例えば相続人のうちの資力のある一人がすべての債務を引き継ぐということも可能です。

 

連帯保証人の立場で債務を返済したなら、主たる債務者(もともとお金を借りた人)に対して、返済したお金を請求する権利(求償権)を持つことになります。http://xn--u9j483l8repyp99bdvpq3u3xmwjr.com/