婚活パーティーを知らない子供たち

人気記事ランキング

ホーム > 育児 > 現代の子供たちの健康の危機

現代の子供たちの健康の危機

昔は粗食で和食中心の生活だったこともあり、肥満児もほとんど居ませんでした。

 

しかし、現代の子供は食に溢れている中、育てられているため、肥満児も多く、健康ではないという状態の子供も増えてきています。これは明らかに現代病とも言えます。

 

また、身近な大人がきちんと見てあげないことには、健康を維持することはできません。

 

まず、運動不足という場合には学校の体育の授業だけではなく、休日も走り回れるような大きな公園などに連れて行って遊ばせるようにすることが大事です。

 

現代の子はインドア派が多く、毎日のように家でゲームばかりしていると言われています。これでは全く動かないので、運動不足になってしまいます。

 

それから、食生活にも気をつけてあげることです。食事の欧米化によってカロリー摂取が高く、栄養バランスが悪くなってしまうという子供が増えてきています。肥満児になるだけではなく、糖尿病などの生活習慣病も心配です。健康のために栄養バランスの良い食生活を送ることが大切です。

 

そして食材にしてもできるだけ安全なものを選んであげたいですね。このサイトにも食材選びで参考になる情報を掲載していきますので、ひとつの判断材料にしていただければと思います。

 

・毎日の体温を計るのはよい方法

 

幼稚園児ぐらいになれば、自分の体の異常を親に訴える事もできますが、それ以下の年齢で、特にまだ満足に言葉で自分の状態を説明できない乳幼児から3歳ぐらいまでの子供だと、ある日いきなり熱が出て親を驚かせる事もしばしばあります。

 

そうならないように、早い段階で我が子の異常に気付けたら言う事はありません。

 

その対策として、我が家では毎日検温してもらっています。子供が体調を崩した時にしか検温しない家庭というのは意外と多いそうですが、毎日決まった時間に検温して記録し続けておくと、健康な時の体温はどのぐらいだと平均値を出す事ができますから、それよりも体温が高い時は風邪の初期症状だったり、病気ではないけれど体調が悪いと分かるので、親としても悪化する前に病院に連れていけて選択肢の幅が増えます。

 

共働きの家庭では特に子供の体調が悪いと会社を早退しなくてはいけない事もありますから、便利ではないでしょうか。

 

たまに予兆もなしにいきなり熱を出す事もありますが、そういった突然のケースを除けば検温は我が子の体調管理に大いに役立ってくれています。青汁は子供にも効果あり!人気の子ども用青汁ランキング