婚活パーティーを知らない子供たち

人気記事ランキング

ホーム > PMS > PMS対策に必要なビタミン・ミネラル

PMS対策に必要なビタミン・ミネラル

PMSにおける腰痛や下腹部痛は、痛みがその部分だけではなく広範囲に伝わります。そのようなことから痛みというよりも重さやだるさを感じる人も多いようです。

排卵した後の体では、月経に備えて多くの血液を必要とします。そのため、骨盤内に血液が停滞しやすくなることから、腰に鈍い重さを感じたり、下腹部の張りや痛みが発生します。月経の前は血糖値を低下させるために用いるインスリンの働きが薄れてしまい血糖値が上がります。

 

こういった状態になると、体が血糖を下げようと努力し過ぎてしまうことで意に反して血糖が下がり過ぎてしまいます。

 

 

こういった状況下での低血糖によって、PMSになるのであろうと言われています。

 

 

 

PMSと同じような症状の出る病気に月経困難症という病気があります。

 

 

 

腹痛・腰痛・吐き気など症状はよく似ていますが、異なる点は症状が出る時期にあります。

 

 

 

PMSは月経の前に症状がみられるのですが、月経困難症の場合は月経中に重い症状が見られます。月経困難症は若い女性に発症する場合が多いですが、年齢が進むことや、また出産回数にも関連して減少していきます。

 

 

 

PMSの症状を和らげるには栄養素のビタミン・ミネラルの摂取が役に立ちます。

 

栄養バランスを考慮した食生活は当たり前ですが、毎日、十分な栄養が取れていないと感じる方は栄養補助サプリやドリンクで積極的に補いましょう。PMS対策サプリメントおすすめランキング2017

 

反対に白砂糖は、体にとって大切なビタミン・ミネラルを消費し、イラつきの原因になります。

月経前症候群とは、月経に関係していて定期的なリズムで心や体に不調が現れることをいいます。

 

症状は月経になる2週間ほど前から出始め、排卵の後に黄体ホルモンが分泌されるタイミングと重なっていて、月経が始まると共に治っていきます。

 

体に生じる不調は、腹痛や吹き出物などの他にも様々です。

精神面にみられる状態としては、気持の安定を保てなかったり無気力になってしまうことなどもあります。